初心者におすすめのゴルフクラブとそのメーカーは?

初めてのラウンドを回る際に必要なクラブの種類はドライバーと5番ウッド(5W)、7番ウッド(7W)、7番アイアン(更にいうと、キャビティバックアイアン)、ウェッジ(後述にメイカー品を紹介)+パターが理想的です。

・ウッドの基本は番手5と7
ウッドはドライバーとフェアウェイウッドの5W、7Wの三本構成が初心者向けです。
ウッドの数字が大きくなるほど、クラブの尺が短くなりボールが高く上がり、飛距離が出にくくなる傾向があります。
※オリマー・トライメタル・フェアウェイウッドは番手5のフェアウェイウッドですが、とにかく力を発揮すると評判の声が上がっています。

・キャビティバックという魔法の構造
アイアンの中でも特にお勧めなのが、キャビティバックアイアンで、このクラブは後方(バックフェイス)をくり抜き、その部分の重心がヘッドの外側に配置される事により、芯を外した場合でもヘッドのブレを抑える構造になっています。
ヘッドが大きい事からスイートスポットが広く、飛距離が出てミスショットもしにくい仕様です。

ウェッジのメーカー品を2本紹介します。
初心者向けですので、オールマイティーな感じが頼もしく安心です。

・フォーティーン D-030 ウェッジ
上級者向けのメーカーというイメージが先行しがちですが、初心者にも優しいクラブも取り扱っています。
このクラブはソール(底面)が滑り易く、パターの様に打つだけでボールを拾ってくれます。

ピッチ&ラン(ピッチングアプローチとランニングアプローチ)での使用は番手:Rw、バンカーでのショットは番手:Sw、少しボールを高く上げたい時は番手:Hwと、打ち方を変える事なく、状況に応じてクラブを変えるだけで使い分けが利きます。

・キャスコ ドルフィンウェッジ DW-113
バンカーから簡単にボールを出せると評判です。
スクエアに構えて普通に打つだけでバンカーショットが成立します。
優しい簡単系とはこのクラブの代名詞で、様々なアイアンと組み合わせが可能です。

ゴルフクラブは徐々にどんなプレイヤーにも適合するモデルへと進化を遂げて行きます。
アマチュアの内は、クラブの特性に助けられながらも、自分のスイングをできるように心掛けましょう。